眠れない夜

その昔母が
『お父さんもホントはゴルフとかしたかったんじゃないかな?』
と言っていた事を思い出した。
製材工として若い頃から働いていた父は引退する頃にはもう腰が悪くて。
とてもゴルフなど出来る状態ではなかった。
あたしがゴルフをやり始めた頃はまだ子供たちが小学生だったから、父もあまりいい顔はしなかったように思う。
けど、子供たちが成人して、本格的に競技に出始めたこの数年はあたしの名前が新聞に載ることを喜んでくれていた。
“お父さんを喜ばせたい”
そう思ってまた頑張っていた。
その父か昨日胸が苦しいと言って救急車で病院に運ばれた。
数日前から熱があって、体調はおまり良くなかったらしいけど、まさかこんな急激に悪くなるとは誰も想像してなくて。
酸素吸入されながら苦しそうに息をしている父。
何て声をかけたらいいのかわからなかった。
ただ浮腫んだ足をさすっていた。
かなり症状は重く厳しい状況だと。
これまで家族のためにずっと働き続けて来てくれた父。
ずっと頑張って来たのにまだ頑張らなきゃいけないの?
そう思うと涙が出て。
少しでも父の呼吸がラクになるよう祈るばかり。