情けない自分

昨日はシニア選手権だった。

初出場で予選突破が目標だったあたし。

奇跡的に自己ベストタイのスコアが出て、まさかの予選突破を果たし迎えた決勝の舞台。

B・Cクラスの月例の受付当番にも当たっていたので、ギリギリまでは受付をして、それから30分ほどパター&アプローチ練習をした。

“ん?先週よりも速いような?”

先週までは止まっていた距離がタラタラ延びて。

“ちょっと怖いなー”

そんな思いを抱きながらスタートした。

東の1番ティーショット。

普通に打ったつもりが球は力なく右に吹けて行って。

右のラフにスポッと入った。

“あれ?なんかおかしいな”

オノフのドライバーでは打ったことのないような球だったから、気持ち悪くて。

その違和感は東の6番で爆発した。

いつも通り黄旗とプレイング4の金色の球の間を狙って打った1球目。

右に吹け気味だったから、頭を残してと意識して打ったのだけど、打った瞬間OBとわかる1打に。

暫定球も同じような飛球線を描いてOBゾーンに消えて。

3球目。

またスライスかかってヤバイって思ったけど、OB杭の間に落ちて。

微妙なところだったから、4球目を打った。

これは少し目標をずらしたから、フェアウェイ真ん中に。

“最初からこれ打ってよあたし( ;∀;)”

球の確認しに行ったら3球目が残っていて。

結果そこで10打の大叩き。

ダボスタートから、何とかパーを続けてでみなさんについて行ったけど、ここでボロが出た感じ。

短いパターを悪い撫で癖で外したとこから、またパターを打つのもビビっちゃって。

ドライバーはずっと捕まりが悪く、飛距離も出なくて。

“振れてないのかな?体が緩んでるのかな?”

自分のスイングに違和感感じで修正出来ないまま折り返しの中コースに入った。

前半何とか45でおさまったから、後半頑張らないと!

って思って出たけど。

相変わらず右に吹けてくショット。

湿ったラフに捕まってなかなか出せない。

パーを取るのは難しかった。

そんな中コースであたしが唯一こだわってドライバーを持ち続けているコースがある。

ここのところ3連続で失敗していて、ダボ以上を叩いていた中の6番段々畑。

そのひとつ前のコースでやっとドライバーで捕まった球が打てたので、

“ここはやっぱりドライバー打ちたい‼”

思い切って打った打球はちょっと当たりが薄かったけど、ギリギリ上のラフに残った‼

“あそこなら大丈夫!”

何度かそこから打って上手くいった記憶があったから♪

結果久しぶりにパーオンする事が出来て、パーを取ることが出来た!(ノ≧▽≦)ノ

その勢いで上がり3ホールも頑張りたかったのだけど。

なかなか思うようなショットが打てないまま、最後は短いパットを外してボギー。

上がってみたら45-45=90。

せめて80台出したかったから、情けなく、悔しかった。

帰りのクルマの中で悔し涙が出て来て。

来年以降も必ずチャレンジすると心に決めた‼

選手権で自己ベストを更新出来るように、1年の1番の目標にしようと決めた。

オフィシャルハンデ11の自分はまだまだ実力不足だけど、間近でシングルの方の素晴らしいプレーを見る事が出来たのは本当にいい経験になった。

更にもっともっと上手くなりたいと思ったし♪

次は自分を誉められるように、頑張ろう‼o(`^´*)