最後の最後で

昨日は4月度の月例杯が行われた。

心配された天気はスタート時にカッパが必要なくらいの雨。

そして強風。

しばらくしたら雨は止み、1日を通して強風が吹き荒れた感じだった。

 

花尾カントリー

東➡中(赤マーク)

45(17)-51(20)=96(37)

 

天候を気にせず、目の前の1打に集中しようと、グリップをいつも以上に短く持って振り抜く事を心掛けたら、思った以上にいい球が出て。

久しぶりのバー、バースタート♪

その後は意識しないでいた風をやっぱり気にしてしまい、アドレスの向きが悪くなった時があって。

左から右への強風に対して少し左を向いて風に流して貰おうなんて思って打ったら、結果として低く強い球が出て、左真っ直ぐOBとか、隣のホールに落ちて行ったりとか、ラフに入れたりとか言う場面があり、もったいなかった。

何より上がり3ホールバー、バーと来てあと1つ!

ってとこで打ち急いでしまった自分悔しい。

最後の最後で球を見てなくてのヘッドアップが続き、トップ連発。

4打目でようやくグリーン奥にのせて、下りのロングパット。

寄せきれず下りの1mくらい残った。

ちょいフックと読んで打ったら一筋ズレてて、同じくらいの今度は上りのパットが残った。

返しは苦手なちょいスラ。

上りだからと強めに打ったらまた外してオーバー。

下りの50㎝くらいが残り、他の人のマークだらけのところに止まって。

ちゃんとアドレス出来ないとこだったけど、早く入れてしまいたいと言う焦りがあったんだろうな。

『お先です』

そう言って打ってまた外して。

上りの30㎝。

やっと入った。

5パット。

最後の最後に9打叩いて、それまで我慢してやって来たのを台無しにしてしまった。

上がって更にショック。

みんなスコアが伸びてなくて。

あと1打良ければ新聞に載ったのに。

せっかちな自分を改めて反省した。